日本三大荒神興


日本三大荒神興

神輿を担ぐ様子が、熱気溢れて勇壮なものを「荒神輿」と呼んでいます。中でも、宮城の「帆手祭」、姫路の「灘のけんか祭」、松山の「北条鹿島まつり」の3つを「日本三大荒神輿」としてご紹介します。

帆手祭(ほてまつり)

神社表参道の急な階段を降りる様子
神社表参道の急な階段を降りる様子

「帆手祭」は、毎年3月に行われる宮城の春の風物詩です。見どころは、神社の表参道202段の石段での神輿渡御。1トンの重さのある神輿2基が上り下りする様は、男衆の力業に溢れ、迫力があります。

そもそも、この祭礼は、火事の多かった江戸時代の天和年間(17世紀)に、火災の鎮圧と景気回復を祈った始められたものと伝えられています。荒々しい御神霊を乗せた神輿は、荒れ狂うように町をめぐったため、「荒神輿」として有名になりました。

【帆手祭データ】
会期と会場
3/10
鹽竈神社・塩竈市内
問い合わせ先
鹽竈神社 宮城県塩竃市一森山1-1
帆手祭(宮城県観光連盟)


灘のけんか祭(なだのけんかまつり)

3基の神輿をぶつけ合う神事
3基の神輿をぶつけ合う神事

毎年10月に開催される「灘のけんか祭」は、かつての7つの村「灘七村」がそれぞれの神輿をぶつけ合い、さらには絢爛豪華な屋台を練り競うことで人気があります。戦前から播磨を代表する祭として知られていました。

松原八幡神社の例祭の歴史は1000年近く前までさかのぼると考えられています。しかし、現在のような「けんか祭」の形になったのは、明治に入ってからです。なお、祭は兵庫県指定重要無形民俗文化財となっています。

【灘のけんか祭(松原八幡神社秋季例大祭)データ】
会期と会場
10/14~10/15
松原八幡神社・姫路市内の南東部海岸地帯
主な行事
10/14〈宵宮〉出立・練り出し、宮入り・屋台練り
10/15〈本宮〉露払い、潮かき、宮入り・神輿合わせ
問い合わせ先
松原八幡神社 兵庫県姫路市白浜町甲399
灘のけんか祭(姫路観光コンベンションビューロー)

北条(秋)祭(ほうじょう(あき)まつり)

旧北条市(現 松山市)は、かつて瀬戸内海に名を馳せた水軍の地であり、その祭である「北条祭」も荒々しさで知られています。神輿は壊れるまで階段から落とし、出てきた御神体を奪い合って宮入りさせたり、神輿をお清めのために川に投げ込んだりします。

【北条(秋)祭データ】
会期と会場
10月中旬予定
国津比古命神社・鹿島神社、北条港・北条地区一帯
問い合わせ先
国津比古命神社 愛媛県松山市八反地甲106
鹿島神社 愛媛県松山市北条辻1603-15
北条秋まつり(松山市ホームページ)