日本三大だるま市


日本三大だるま市

縁起ものである「だるま」は、日本では宗派を問わず広く親しまれています。その「だるま」を販売する市が、関東エリアを中心にあちらこちらで開催されます。中でも有名な、富士の「だるま市」、東京調布の「深大寺だるま市」、群馬の「高崎だるま市」を、「日本三大だるま市」としてご紹介します。

毘沙門天大祭だるま市(びしゃもんてんだるまいち)

伝統の鈴川だるまで有名な「毘沙門天大祭」
伝統の鈴川だるまで有名な「毘沙門天大祭」

富士市の「毘沙門天祭だるま市」は毎年旧暦1月7日~9日に開催されます。全国から多くの観光客が押し寄せ、だるま以外にもたくさんの露店も出るため、例年大いに賑わっています。

静岡県の鈴川地区でだるま作りは、江戸時代に製紙業が始まった頃と考えられています。この「紙の町」が、半端な紙を使って作られたのが「鈴川だるま」です。このだるまは目鼻立ちがやさしく、鈴川地区独特の表情を持っているのも人気の理由の一つです。

【毘沙門天大祭だるま市データ】
会期と会場
2月中旬
毘沙門天妙法寺
問い合わせ先
毘沙門天妙法寺 静岡県富士市今井2-7-1
毘沙門天大祭だるま市(駿河湾観光連盟)


深大寺だるま市(じんだいじだるまいち)

江戸時代中期より愛され続ける「だるま市」
江戸時代中期より愛され続ける「だるま市」

深大寺のだるま市は、江戸時代から続く風物詩として、庶民に人気の縁日です。すでに300年以上は続いていると考えられています。毎年3月に行われる深大寺の最大の行事「厄除元三大師大祭」に合わせ、縁起もののだるまの市も立つようになりました。おそらく、最も有名な「だるま市」でしょう。

【深大寺だるま市データ】
会期と会場
3/3~3/4
深大寺
問い合わせ先
深大寺 東京都調布市深大寺元町5-15-1
深大寺だるま市(調布市観光協会)

高崎だるま市(たかさきだるまいち)

七草を食べた後の夜が本番のだるま市
七草を食べた後の夜が本番のだるま市

高崎の少林山達磨寺は、福だるま発祥の寺として知られています。高崎だるまは、200年ぐらい前の江戸時代に作り始めたと言われており、現在ではだるま生産量日本一です。その数は90万個と発表されています。

だるま市は、寺の縁日である「七草大祭」に合わせて開催されます。全国から数十万人の参詣者が集まり、例年大盛況です。

【高崎だるま市(七草大祭だるま市)データ】
会期と会場
1/6~1/7
少林山達磨寺
問い合わせ先
少林山達磨寺 東京都調布市深大寺元町5-15-1
群馬県達磨製造共同組合