日本三大曳山祭


日本三大曳山祭

「曳山(ひきやま)」とは、祭の行列に出る山車(だし)のことです。地域によって山車、曳山、山鉾(やまほこ)、山笠、屋台など呼び名はいろいろです。特に「曳山」と言うと、車輪がついたものも多く、巨大なものであったり、華やかな飾りやからくりなどが付けられたりと、祭の見どころになっているところがたくさんあります。ここでは、「日本三大曳山祭」として、京都の「祇園祭」、岐阜の「高山祭」、滋賀の「長浜曳山祭」をご紹介しましょう。

祇園祭(ぎおんまつり)

「日本三大祭」にあげられる京都の「祇園祭」の山鉾巡行は、祭の最大の見どころ。宵山では提灯の灯された山鉾、そして山鉾が勢揃いして都大路を巡行する「山鉾巡行」と、日によって楽しみ方も違います。32基の山鉾は各町内にて作られており、歴史故事を再現したり、稚児人形が乗っていたりといろいろです。
なお、祭の詳細は「京都三大祭」をご覧ください。

【祇園祭データ】
7/1~7/31
八坂神社(京都府京都市東山区祇園町)


高山祭(たかやままつり)

中橋を山車が進む「春の高山祭」
中橋を山車が進む「春の高山祭」

飛騨高山の「高山祭」は、毎年春と秋に行われます。最大の見どころである「屋台」は、きらびやかに飾り付けられ、お囃子やからくりなどの奉納がされます。また全ての屋台が揃う「屋台曳き揃え」では、彫刻など工芸品としての屋台装飾を細部まで堪能できます。

祭の起源は、はっきりとしていませんが、安土桃山時代の天正年間(16世紀)頃と考えられています。屋台に関しては、享保年間(18世紀)には曳かれていたという記録があります。なお、「高山祭の屋台行事」として、国指定重要無形民俗文化財です。

【高山祭データ】
春の高山祭(日枝神社山王祭)会期と会場
4/14~4/15
飛騨山王宮日枝神社
秋の高山祭(桜山八幡宮の八幡祭)会期と会場
10/9~10/10
桜山八幡宮
問い合わせ先
飛騨山王宮日枝神社 岐阜県高山市城山156
桜山八幡宮 岐阜県高山市桜町178
高山祭(高山市観光課)

長浜曳山祭(ながはまひきやままつり)

動く美術館と呼ばれる長浜の曳山
動く美術館と呼ばれる長浜の曳山

毎年春に行われる「長浜曳山祭」の曳山の特徴は、子供歌舞伎です。舞台がしつらえられた曳山で演じる子どもたちの姿が魅力的、観客の目を楽しませています。さらに、「シャギリ」と呼ばれる囃子が曳山の周りで演奏され、賑やかに、人々の心を浮き立たせます。

長浜八幡宮は、京の石清水八幡宮を分霊して1000年近く前に創建されました。その後の天正年間(16世紀)に羽柴秀吉が長浜城主となり、祭を始めたと伝えられています。現在では国指定重要無形民俗文化財となっています。

【長浜曳山祭(長浜八幡宮春季例祭)データ】
会期と会場
4/13~4/15
長浜八幡宮(八幡宮~市街地一帯)
問い合わせ先
長浜八幡宮 滋賀県長浜市宮前13-55
長浜曳山文化協会(長浜市曳山博物館)