日本三大火祭


日本三大火祭

火祭は、闇夜に轟々と灯る松明やかがり火の炎が印象的な神事です。全国にたくさんありますが、ここでは伝統的な久留米の「大善寺玉垂宮の鬼夜」、福島の「松明あかし」、太宰府の「鬼すべ神事」を「日本三大火祭」としてご紹介します。

なお、外してしまいましたが捨てがたい火祭を、次項の「日本三大火祭の異説」の中でご紹介しますので、合わせてご覧ください。

大善寺玉垂宮の鬼夜(だいぜんじたまたれぐうのおによ)

古式にのっとり、大松明を引き廻す
古式にのっとり、大松明を引き廻す

久留米の大善寺玉垂宮では、大晦日から正月7日まで神事「鬼会」が行われます。その最終日が、国指定重要無形民俗文化財となっている「大善寺玉垂宮の鬼夜」です。神事は、闇夜の中、日本一と言われる大松明6本に火を灯し、氏子若衆が本殿を回ります。この松明の火を浴びると無病息災と言われており、多くの人々で賑わっています。

この行事は約1600年前の仁徳天皇の時代、人民を苦しめていた賊徒を松明の光で探し出し、討ち取って焼いたことに始まると伝えられています。

【大善寺玉垂宮の鬼夜データ】
会期と会場
1/7
大善寺玉垂宮
問い合わせ先
大善寺玉垂宮 福岡県久留米市大善寺町宮本1463
大善寺玉垂宮の鬼夜(久留米観光コンベンション国際交流協会)


松明あかし(たいまつあかし)

10mの高さがある大松明への点火
10mの高さがある大松明への点火

須賀川で毎年11月に開催される「松明あかし」では、五老山山頂に高さ10m、重さ3トンの大松明22本と、須賀川城に見立てた仕掛け松明を五老山山頂に立て、点火させます。赤々と燃え上がる炎は、まさに壮観の一言。また町では小松明行列なども練り歩きます。

祭は、戦国時代の天正年間(16世紀)、多くの戦死者を出して須賀川城が落城した後、死者を慰めるために人々の間で始まったと伝えられています。新しい領主の目をはばかり、ムジナ(タヌキ)狩りと称して、現在まで続けられてきました。

【松明あかしデータ】
会期と会場
11月第2土曜日
五老山、須賀川市市街地
問い合わせ先
松明あかし(須賀川市松明あかし実行委員会)

鬼すべ神事(おにすべしんじ)

鬼退治の行事である「鬼すべ神事」
鬼退治の行事である「鬼すべ神事」

太宰府天満宮で毎年1月7日に行われる「鬼すべ神事」は、災いを防ぎ、開運を願う火祭です。鬼を退治する者、鬼を守る者、そして鬼役のそれぞれに氏子たちが分かれ、炎の攻防戦となります。

この神事は、菅原道真公の曾孫である輔正(すけまさ)によって平安時代の寛政年間(10世紀)に始められたと伝えられています。福岡県指定重要無形民俗文化財です。

【鬼すべ神事データ】
会期と会場
1/7
太宰府天満宮 鬼すべ堂
問い合わせ先
太宰府天満宮 福岡県太宰府市宰府4-7-1
鬼すべ神事(太宰府観光協会)