江戸三大祭の異説


江戸三大祭の異説

前項では「江戸三大祭」として、古くから江戸っ子に愛され続けている東京の祭「深川八幡祭」「神田祭」「山王祭」をご紹介しましたが、「三大祭」は違う3つを上げる方もたくさんいらっしゃいます。例えば、神田・山王・根津とか、三社・鳥越・神田とか・・・。ですから、ここでは「江戸三大祭」として、他にあがる祭のうち「根津権現祭」「三社祭」「鳥越祭」をご紹介します。

根津権現祭(ねづごんげんまつり)

日本有数の古社の一つである根津神社
日本有数の古社の一つである根津神社

根津神社の例大祭は、江戸時代の神社の呼び名「根津権現」から根津権現祭として知られています。江戸時代には、徳川将軍の上覧もあった天下祭の一つであり、伝えられている神楽「三座ノ舞」は東京都文京区指定無形文化財です。一番の見どころである大神輿の巡行がある神幸祭が行われる本祭は4年に一度です。

そもそも根津神社は、神話時代の日本武尊(やまとたけるのみこと;伝1900年前)が創祀したと伝えられる江戸でも屈指の古社です。6代将軍徳川家宣が正徳年間(18世紀)に祭礼を定め、江戸全町より山車を出すという大規模な祭になりました。現在は往時の規模ではありませんが、その当時家宣が献納した大神輿3基が現存しています。

【根津権現祭(根津神社例大祭)データ】
会期と会場
9/21 
根津神社
問い合わせ先
根津神社 東京都文京区根津1-28-9


三社祭(さんじゃまつり)

荒々しく揺さぶられる三社祭の神輿
荒々しく揺さぶられる三社祭の神輿

毎年5月に行われる浅草神社の例大祭は、「三社祭」としてよく知られています。お囃子や踊りなどの大行列、揃いの法被が勇ましい氏子各町神輿連合渡御、さらには厳かに巡行する本社神輿の渡御など、見どころが満載です。

三社祭の名称は、浅草神社が三柱の御祭神を祀り、「3社権現社」と呼ばれていたことに由来します。神社の創祀は推古天皇の時代(7世紀)までさかのぼると伝えられていますが、祭が始まったのは鎌倉時代の正和年間(14世紀)。当時は船祭でしたが、明治以降は現在のように神輿の渡御が行われるようになりました。

【三社祭(浅草神社例大祭)データ】
会期と会場
5月第3金-日曜日
浅草神社(神輿渡御は浅草の各町会を巡行)
主な行事
金曜日午後〈大行列・無形文化財「びんざさら舞」奉納〉
土曜日午後〈町内神輿連合渡御〉
日曜日午前〈本社神輿各町渡御〉
問い合わせ先
浅草神社 東京都台東区浅草2-3-1
浅草神社奉賛会 三社祭公式情報

鳥越祭(とりごえまつり)

東京一の重量と言われる鳥越祭の大神輿
東京一の重量と言われる鳥越祭の大神輿

毎年6月に開催される「鳥越祭」は、別名「鳥越の夜祭」とも呼ばれ、闇夜に浮かぶ提灯神輿・高張提灯などに囲まれ、東京一の重量を誇る大神輿「千貫神輿」が練り歩く勇壮華麗なものです。

鳥越神社の歴史は古く、平安時代には既にお祭があったと言われています。有名な千貫神輿も、江戸時代からあったらしく、当時から“お化け神輿”などとも呼ばれる「元祖千貫神輿」です。ちなみに千貫というと、約3750kgです。

【鳥越祭(鳥越の夜祭)データ】
会期と会場
6月9日頃の土日曜日
鳥越神社(神輿は鳥越の各町会から練り歩き)
主な行事
土曜日〈町神輿渡御〉
日曜日〈本社渡御〉
問い合わせ先
鳥越神社 東京都台東区鳥越2-4-1