関東三大祭の異説


関東三大祭の異説

前項では「関東三大祭」として、規模が大きく、また歴史が色濃く残る「石岡のお祭」「佐原の大祭」「川越祭」をご紹介しましたが、「三大祭」は言う人によって違うもの。ですから、ここでは「関東三大祭の異説」として、他にあがる祭のうち「日光東照宮春季大祭」「秩父夜祭」「浜降祭」をご紹介します。

日光東照宮春季大祭(にっこうとうしょうぐうしゅんきたいさい)

1000人を超える大行列「百物揃千人武者行列」
1000人を超える大行列「百物揃千人武者行列」

毎年5月に開催される日光東照宮春季大祭は、参道を往復する渡御祭「百物揃千人武者行列」が有名です。3基の神輿と神職、鎧武者、槍持ち、獅子など総勢1200人あまりの大行列は、かつて徳川家康公の神霊を駿府久能山から日光へ移した際の行列を再現したものです。

日光東照宮は徳川家康死去の翌年の元和3年(1617)に創建された神社です。江戸時代には、この渡御祭には京から例幣使(神社に奉納するために天皇から派遣された使者)がつかわされていたと記録が残っています。

【日光東照宮春季大祭データ】
会期
5/17~5/18
主な行事と会場
5/17〈流鏑馬神事〉 東照宮石鳥居手前の山内表参道大手通り
5/18〈渡御祭「百物揃千人武者行列」〉 二荒山神社~東照宮表門前~御旅所~東照宮
問い合わせ先
日光東照宮 栃木県日光市山内2301
日光観光協会


秩父夜祭(ちちぶよまつり)

冬の夜空に浮かぶ重厚な屋台が夜祭の見どころ
冬の夜空に浮かぶ重厚な屋台が夜祭の見どころ

毎年12月に開催される秩父神社の例大祭「秩父夜祭」は、地元の人達からは“冬祭”と呼ばれており、大切に守られ続けてきた行事です。見どころは、絢爛豪華な屋台と笠鉾の曳き廻し、神代神楽、そして花火。幻想的な勇壮な夜祭として、全国から多くの観光客が集まります。

そもそも秩父神社は平安初期に記録が残るほど、関東でも屈指の古社の一つです。ですからその祭礼も、古代から続く伝承祭祀であり、国指定重要無形文化財となっています。花火などは近代になって加わった行事ですが、遅くとも江戸時代の寛文年間には笠鉾や屋台の曳き廻しが行われていたようです。

【秩父夜祭(秩父神社例大祭)データ】
会期
12/2~12/3
主な行事と会場
12/2〈宵宮〉 秩父神社(屋台曳き廻しは秩父市街地を巡行)
12/3〈大祭〉 秩父神社(屋台曳き廻しは秩父市街地を巡行)
12/2-3〈花火大会〉 羊山光園
問い合わせ先
秩父神社 埼玉県秩父市番場町1-3
秩父観光なび(秩父市公式サイト)

浜降祭(はまおりさい)

海に入り、みそぎする神輿
海に入り、みそぎする神輿

毎年湘南の海で、海の日に開催される「浜降祭」は、その名の通り、神輿を担いで浜から海に入り、禊ぎ(みそぎ)を行う祭です。茅ヶ崎の神社が34社参加し、早朝から始まります。朝日の海に水しぶきを浴びて勇壮に入る神輿の迫力は、地元の人に夏の到来を告げます。神奈川県無形民俗文化財です。

祭の由来は、江戸時代の天保年間(19世紀)にさかのぼると考えられています。しかし、その以前にも禊ぎの神事が行われており、その始まりはさらに古いと考えられています。

【浜降祭データ】
会期と会場
7月海の日
神奈川県茅ヶ崎市西浜海岸
問い合わせ先
寒川神社鶴嶺八幡社など34社が参加
茅ヶ崎観光協会