大阪三大祭(大阪三大夏祭)


大阪三大祭(大阪三大夏祭)

大阪の夏は、江戸時代より“愛染さんに始まり、天神さんで中をとり、住吉さんで締める”と言われます。その言葉のとおり、「愛染祭」「天神祭」「住吉祭」は、大阪三大祭(夏祭)として、大阪の人々に広く愛され、親しまれています。

天神祭(てんじんまつり)

大阪の夏「天神祭」
大阪の夏「天神祭」

日本三大祭にも歌われる、大阪の夏祭りといえば大阪天満宮の「天神祭」でしょう。1000年以上の歴史を感じさせる厳かな神事から、人々が熱狂する華やかな行事まで見どころ満載です。中でも、3000人を超える大人数で陸路を行幸する「陸渡御」と、川を100隻あまりの船で進む「船渡御」、天神橋筋商店街を巡行する「ギャルみこし」、そして奉納花火が人気です。

天神祭の起源は天暦年間(10世紀)。天満宮の社頭の浜から神鉾(かみほこ)を流す神事が始まりとされています。それはやがて船の神事として規模が大きくなっていき、江戸時代には井原西鶴や近松門左衛門なども見学したと伝えられています。

【天神祭データ】
会期と会場
7/24~7/25
大阪天満宮(神輿は天満宮周辺で陸渡御と船渡御)
主な行事
7/24〈宵宮祭〉〈鉾流神事・催太鼓・獅子舞氏地巡行〉
7/25〈夏大祭〉〈神霊移御・陸渡御・船渡御・奉納花火〉
問い合わせ先
大阪天満宮 大阪府大阪市北区天神橋2-1-8
天神祭総合情報サイト(天神祭情報サイト事務局)


愛染祭(あいぜんまつり)

宝恵駕籠に乗る浴衣姿の愛染娘
宝恵駕籠に乗る浴衣姿の愛染娘

縁結びの神様としても知られる大阪の愛染堂勝鬘院(愛染さん)の夏祭「愛染祭」は、浴衣姿の愛染娘たちをのせた宝恵駕籠(ほえかご)のパレードが人気です。江戸時代には芸者さんたちをのせていたものを、現在に再現しています。祭の期間中は、連日祭囃子が鳴り響き、さまざまな芸能を見ることができます。

パレードなどで知られる愛染祭ですが、実は6世紀に聖徳太子が始めた日本最古の夏祭りとして知られています。伝統的に「夏越の大祭」として、現在も大法要が行われています。

【愛染祭データ】
会期と会場
6/30~7/2
愛染堂勝鬘院(宝恵駕籠パレードは天王寺駅~愛染堂)
主な行事
6/30〈宝恵駕籠パレード〉〈夏越の大祭(夏越の御祓い)〉
問い合わせ先
愛染堂勝鬘院 大阪府大阪市天王寺区夕陽丘町5-36

住吉祭(すみよしまつり)

神輿渡御のクライマックス「川渡り」
神輿渡御のクライマックス「川渡り」

大阪三大祭の最後を締めるのは、住吉大社の「住吉祭」です。別名「おはらい」と呼ばれ、大阪中をお清めする祭です。見どころは、国指定重要無形民俗文化財となっている「夏越祓神事」。茅の輪をくぐり、御祓いします。そして神輿渡御は街道を進み、大和川へ。川の中を練り回り、「べーら」の掛け声が響き渡る祭のクライマックスです。

住吉大社の由来は神功皇后までさかのぼり、1800年以上の歴史があります。その祭礼は、最初の記録でも天平年間(8世紀)には夏祭の記述が見られます。さらに文永年間(13世紀)には神輿渡御、元禄年間(17世紀)には夏越祓神事の記述が見られ、早い頃から現在に至る行事の原型が行われていたようです。

【住吉祭データ】
会期と会場
7月海の日・7/30~8/1
住吉大社(神輿渡御は堺の宿院まで巡行)
主な行事
7月海の日〈神輿洗神事〉
7/30〈宵宮祭〉
7/31〈例大祭〉〈夏越祓神事〉
8/1〈渡御祭〉〈頓宮祭〉〈荒和大祓神事〉
問い合わせ先
住吉大社 大阪府大阪市住之江区安立2-8-22
住吉祭 神輿渡御(安立連合町会)