日本三大川祭


日本三大川祭

日本では川や海が神事と密接に関係しているものがたくさんあります。神輿の川渡しや船に乗せた楽車(だんじり)のお練りなど、優美であったり勇壮であったりと見どころがたくさんです。その中で、愛知の「尾張津島天王祭」、宮島の「管弦祭」、大阪の「住吉祭」を、「日本三大川祭」としてご紹介します。

尾張津島天王祭(おわりつしまてんのうまつり)

天王川に浮かぶ楽車船
天王川に浮かぶ楽車船

「尾張津島天王祭」は7月第4土曜日の宵祭と翌日曜日の朝祭を中心に、その前後の3ヶ月に及ぶ神事がある大きな祭です。川辺で繰り広げられる行事は、夏祭りでも屈指の美しさと言われています。中でも、津島五車による巻藁(まきわら)船が津島笛を奏でながら漕ぎ渡る宵祭が見どころ。提灯の光が水面にゆらめき、幻想的な光景です。さらに翌日の朝祭では、楽車船が川に漕ぎ出します。

祭の由来は、はっきりしたことがわかっていません。しかし、16世紀には既に楽車船があったことが記されていますから、500年以上の歴史はあるでしょう。織田信長も見学したことも伝えられています。この「尾張津島天王祭の楽車船行事」は国指定重要無形民俗文化財です。

【尾張津島天王祭データ】
会期と会場
7月第4土・日曜日
津島神社(神社~津島市街地、天王川)
主な行事
土曜日〈宵祭(提灯祭)〉
日曜日〈朝祭(楽車祭)〉
問い合わせ先
津島神社(津島牛頭天王社) 愛知県津島市神明町1
まつりの館 津島屋(津島市観光交流センター公式サイト)


管弦祭(かんげんまつり)

平安貴族の管弦遊びを模した「管弦祭」
平安貴族の管弦遊びを模した「管弦祭」

毎年旧暦の6月17日に宮島の厳島神社で行われる「管弦祭」は、海上に夕方から深夜にかけて平安絵巻が繰り広げられる雅な祭事です。海に浮かぶ厳島神社ならではの祭であり、古くから多くの観光客を魅了してきました。

平安貴族達は、池や川に船を浮かべて音曲を楽しむ「管弦の遊び」がよく楽しまれていました。それを模して、海に船を浮かべて神様を慰める神事としたのが厳島神社の「管弦祭」です。平安時代に平清盛(12世紀)が始めたと伝えられています。

【管弦祭データ】
会期と会場
7/24頃(旧暦6/17)
厳島神社(宮島の海上)
問い合わせ先
厳島神社 広島県廿日市市宮島町1-1
宮島観光協会
宮島観光公式サイト(廿日市市環境産業部観光課)

住吉祭(すみよしまつり)

大阪三大祭の一つである住吉大社の「住吉祭」は、神輿の大和川川渡りが祭のクライマックスです。神輿の担ぎ手達は、「べーら」の掛け声とともに、水を蹴り上げ、神輿を差し上げ、駆け抜ける勇壮な祭であり、1200年の歴史があります。なお、祭の詳細は「大阪三大祭」をご覧ください。

【住吉祭データ】
7月海の日・7/30~8/1
住吉大社(大阪府大阪市住之江区安立)